2018.7.10

「未来を作る」に共感したプロ集団。Photosynth と共にワクワク出来る世界観を

株式会社 Photosynth(フォトシンス)
代表取締役社長兼CEO 河瀬航大氏 × 人事総務部 採用責任者 石井まりか氏

スマートロックAkerunを開発し、日本発IoT企業として成長するフォトシンス。工事不要の入退室管理システムAkerunは、スマートなデザイン、後付け設置可能といった特徴を持ち、問い合わせが相次いでいる。起業から3年で一気に知名度をあげた同社。どんな面白さがあるのか、どんな世界を目指しているのか、社長の河瀬さんにも登場してもらい、石井さんと対談式でうかがった。

社長とも距離が近く、フラットな環境

―― 石井さんもわりと最近の入社なんですよね。ズバリ!何が採用の決め手だったんですか?

河瀬:そうですね。面接のとき、こんなに盛り上がることはないってくらい、超盛り上がったんですよね。

石井:楽しかったです(笑)

河瀬:キャリアの背景も興味深くて。堅実な企業の風土も、ベンチャーマインドも経験してきていて、発言は超、攻め攻め(笑)。「事業を加速させたい」とか「ものづくりはどうあるべきだ」とか、持論も語ってくれたんですよね。世界観のビビッときた度合いがすごかった。

―― 石井さんは入社前後で、この会社にどんな印象を持ちました?

石井:リーダー陣がフレンドリーで、すごい良かったです。思った以上にフラットな会社だなって思いました。

河瀬:組織のヒエラルキーがある会社じゃないもんね。

―― 石井さんの個性はどんな風にフィットしてますか? 弁別性と受容性が特徴的ですね。

河瀬:FFSの結果見て個性そのものって感じがしますね。日々の仕事ではサバサバしているところがあって、正しいものは正しい、正しくないものは正しくないって、しっかり会社の価値観を定義しながら発言してくれるよね。

石井:自分では意識してないんですけど、そうかもしれません(笑)

【FFS診断結果】石井まりか

河瀬:たとえば採用ページを作ったときに、エンジニアの一部から、この情報は掲載しない方がいい、といった注文がたくさん来た。でも物おじせずに「いやいや、エンジニア目線で言うと、そうかもしれないけど。社内の全体最適を図るとこうでしょ。」みたいなことを言ってたんですね。さらに分けるだけじゃなくて、一回相手の発言を受けとめてくれているというのも感じるんです。前任者のやり方を尊重し一通り聞いてから、オリジナリティを出していくやり方をとるよね。

石井:いやー、よく見てますね。

「未来をつくる」世界観に共感したプロ集団

―― フォトシンスってどういう集団ですか?

河瀬:全員がプロ意識で、自発的に動く集団ですね。使っていただけるお客様がぐっと増えて、組織としてもフェーズがあがってきてます。全員野球みたいな感じなので、結構ボトムアップで決まることも多いです。

石井:座席もフラットですしね。私の隣が社長です。

河瀬:未来をつくる会社にしたい、みんな一体となって未来の世界観に向かって走れるようなチームにしたいって強く思ってますね。未来のお客さんのために働いているっていうことが共通軸です。

石井:入って驚いたのは、明るくて前向きな人が本当に多くて、変な温度感の差とかないんですよ。同じ思いを持てる人が揃っているなって感じます。

―― Akerun のこだわりって何ですか?

石井:最初に見たときに、こういう、おしゃれな箱が送られてきて、自分で取り付けるっていうスタイルがいいなと思いました。届いたらうれしくなるって大事ですよね。

河瀬:この箱高いんですよ~ (笑)。でも、箱を開けるときが、未来の空気を吸える瞬間なんです。

石井:かっこいいこと言うな(笑)。

河瀬:「一つの商品を売る」だけじゃなくて、「未来を、自分の手でつくれる」とか「前例のない大きなムーブメントを起こせる」とか、僕らはそういう思いがあるんです。自分もその一員になりたい、それを主導したいって思ってくれたら、是非お会いしたいですね。未来の世界観を売ることに共感した方が、実際入社してくださっています。

―― 河瀬さんが見ている採用ポイントって何ですか?

河瀬:その方が社内にいることをイメージしたときに、メンバーと楽しそうに議論していそうか、ワクワクして仕事をしていそうか、って観点を実は持ってるんですよ。僕らのやりたい世界観にワクワクする、Akerun っていう製品にワクワクする、そんな方と出会ったらうれしいですね。

裁量を持って思い切った仕事ができる

―― 入社後に活躍する方は何が共通していますか?

河瀬:自分の頭で考えて、能動的に動くことができる人でしょうね。おかげさまでAkerun は問い合わせが結構多いんですけど、マニュアル通りに応対するだけじゃ響かないんです。仕様もアップデートすることもあるし、柔軟に考えて動ける人がぐっと伸びますね。

石井:営業の場合、電話で説明して購入までもっていくことが多いのですが、これが案外難しい。お客様の現在の扉や鍵にあわせた会話も必要ですし、ニーズをきちんと聞き取って、不安があれば払拭しないといけません。でも、実際に活躍している社員の経歴は、さまざまです。どうやってAkerunの未来観を伝えるかって考えるのがスタートなので、そこを楽しんで工夫してくれているのが共通点だと思います。

―― エンジニアも工夫が求められることが多いんでしょうか?

河瀬:エンジニアも全然、決まった仕様をつくっていくだけじゃないんです。お客さんの要望や意見がリアルタイムにSlack にあがってくるし、週次レポートでも見られるし。設計コンセプトは全体で決めたものがありますが、細かい部分はエンジニア一人ひとりがお客様の声を見ながら自分で工夫していきますね。
お客様視点を踏まえて、「どういう仕様なら感動するだろう」って考えることが多いし、遊び心も入れていけるのがウチの楽しいポイントかなと思っていますね。ウェブとかアプリにとどまらず、リアルなモノとそれを支える仕組みがウチの特徴なので、手段に制限はないですね。自由に、クリエイティブに、サービスを提供できる場だと思ってます。

―― ちなみに人事の石井さんの場合、どんな動き方をしてるんですか?

石井:採用業務はもう、目標だけ握ってどんどん動いてますね。社長直下の組織なので、河瀬さんにはしょっちゅう相談してます。すぐ答えてくれるのでやりやすいし、スピードも早いですね。
今後はさらに組織づくりとか、人事面のブランディングなどをしていきたいと思ってます。FFS診断も今から活用していくんですけど、個性をいかした組織づくりをもっと追求しようと考えてます。

河瀬:担当領域だけじゃなくて、経営目線をもって考えるところがいいんですよ。単に言われた採用をするんじゃなくて、社内の人員配置とかも考えて経営層に意見を言ってくれることもあるし。戦略的な人事全般でどんどん活躍することを期待してます!

ものづくりを皆で楽しみ、遠慮なく議論

―― 社内の雰囲気はどんな感じでしょう?

石井:カスタマーサクセス部が「お客様からこんな質問を受けました」って、隣のエンジニアチームのところまで行って気軽に話しかけている……みたいな光景がしょっちゅうです。

河瀬:本当にそんな感じ。フランクにあちこちで会話してるし、どこかでぐわーって盛り上がってるのも見かけるし。進化させていく風土が、あちこちに溢れてます。そしてチームワークも尊重していますね。

石井:ものづくりの会社に来たな!って感じがしたのは、社内で、試作品を設置して使ってみたりするんです。ランプの光り方ひとつをとっても、こんな順番で、こういう色で光らせよう、って細かいところまで議論している。「神は細部に宿る」といいますが、本気のモノづくりの現場を目の当たりにできて、すごく楽しいです。

河瀬:当事者意識がみんな強いんですよね。嬉しいんだけど、たまに面倒くさいときもある(笑)。意見が出すぎていつまでたっても、リリースできない。もうちょっと早く言ってくれよ~、みたいなのもよくありますが、活発な議論が多いです!

石井:入社前後でギャップがまったくない!ってみんな口揃えて言うんです。そう思える環境がほんとにあるなと思ってます。

この企業の求人を見る