2018.7.10

「あの人のために……」 夢を語り、夢を応援し、人のために熱くなるのがPLAN-B らしさ

株式会社PLAN-B
執行役員 人事本部長 横山綾子氏 × 東日本営業部 部長 北橋広輝氏

SEO、ADプランニング、Webサイト構築、コンテンツマーケティングなどを手がけるPLAN-Bは、独自のデジタルマーケティング技術を駆使し、専門チームがワンストップでサポートする強みを持つ。「世界中の人々に「!」と「♡」を」と掲げたミッションの背景には、「今ある常識を変え、これからの常識をつくることで顧客の想像を超える感動を届ける」という強い思いがある。どんな驚きと感動を顧客に伝える仕事なのか。求める人材像を横山氏に、そして実際の仕事の醍醐味を北橋氏に語ってもらった。

「驚きと感動」をお届けすることを徹底して考える

―― PLAN-B の特徴について教えてください。

横山:東日本営業部のビジョンに「生涯マーケティングパートナー。共に成長するを実現する」を掲げています。その中で、お客様に“驚きと感動”をお届けするため徹底して考え抜く会社です。お客様の成長に対してデジタルマーケティングでいかに貢献できるか、を突き詰めつつ、サプライズ大好きチームなので「お客様の誕生日に何する?」とか「昇進されたそうなのでお祝い企画しよっか」なんて会話もしょっちゅう聞こえてきます。

―― アイデア歓迎っていう雰囲気を感じますね。

横山:そうですね。「新しい!」と思うことや「面白い!」と思うことを奨励する雰囲気ですね!「プラカル団~PLAN-Bのカルチャーをつくる団体~」っていうのを有志が自発的につくって活動してるんですけど(笑)。社内でちゃんと受け入れられています。挨拶をはじめ当たり前のことをしっかりやろうという趣旨で活動してまして、月末の締め会とかはプラカル団のメンバーがハッピ着てメガホン持って盛り上げてます(笑)

―― 他に風土面の特徴はありますか?

横山:相手に誠実に向かい合う姿勢は全社的に共通していますね。「こういうことを将来やりたいんだよね」って夢を語ったとしたら、「横山さんのそれ、めっちゃ応援してます!」って本気で言ってくれたりするんです。

横山さんのFFSの診断結果:凝縮性11,受容性13,弁別性9,拡散性6,保全性13

個性を発揮できるチームを用意

―― 組織づくりで工夫されていることはありますか?

横山:実は私、事業部長だったときに、部下の強みを活かせず反省したことがあったんです。一人ひとり強みをどうやって出せるのか、そこから相当考えまして、FFS 診断も活用しはじめました。今、組織編成の参考にもしてます。
といっても、私、自分自身の特徴もよくわかってなかったんですよ( 笑)。診断結果見て、よくよく考えたらそうだよなーっと思ったときに肩の力が抜けたんです。自分の強みと弱みを理解し、自分らしくあることが、会社の役に立つことであり、チームに貢献できることなんだって理解できました。何が自分のストレスか、どうやって今の状態をセルフコントロールすべきかを知るのは大事ですよね。なので、全社員が自分の強みを活かせるようにと思ってFFS 導入を考えました。

―― 入社してきた人に対してのサポートはいかがですか?

横山:入社してきた人に対しては1人ずつトレーナーをつける制度があります。営業で活躍している女性がいるんですけど、トレーナーが北橋だったんです。たぶん彼女と似たようなタイプだったので、彼女のモチベーションがどこにあるのか、どんなときにサポートを必要とするのか、っていうのを推し量れたんじゃないでしょうか。こういう相乗効果をもっと起こしていけるよう、トレーナーの組み合わせにもFFS 情報を活用していこうと思っています。

サプライズを考えられるのは大きな資質

―― 北橋さんは何がきっかけでPLAN-B に入ったんですか?

北橋:僕、新卒で入社したんですけど、就活しているときに、直感でこの人についていきたいなって思える当社の人間に会いまして。で、その場で「入りたいです!」って言いました。

―― 入社後はどんなキャリアを歩まれているんですか?

北橋:今6年目なんですけど、ずっと営業です。ただ今年の1月から部長職を拝命して、責任者立場で東日本エリアを管轄してます。といっても現場にしょっちゅう行ってますし、若いメンバーが多いので同行して教えるっていうことも多いですね。

―― トレーナー時代にぐっと伸びた後輩がいるとさっき聞いたのですが?

北橋:あーそうですね。トレーナーって1 年間、案件をほぼ付きっきりで教えるんです。2017 年新卒女性のトレーナーになったときに、3クォーター目の終わりの全社MVP を彼女がとったんです。それはPLAN-B 人生で一番嬉しかったことかもしれないです、僕が。

―― PLAN-B の営業で活躍できる人ってどんな人ですか?

北橋:サプライズ!を考えられる人は強いかもしれないです。サプライズを考えるって、相手が期待しているちょっと上を考えるし、それをすれば喜んでくれるだろうっていうのを想像しているし、そういう思考行動ができる人はお客様に還元できる可能性が高いんです。実際に面白いことを考え出すメンバーは、イキイキと活躍してくれています。

―― ご自身の強みってどう思われていますか?

北橋:「やっといて!」って言われたことを、必ず裏切らず最後までやり切ろうとする能力があるって言われたことがあって。そういうのを見てくれているから、メンバーも信頼してくれていると思ってます。「あの人を裏切るわけにはいかない」とか「あの人のために何とかしたい」って思ってもらえる存在でありたいですね。たぶん、ウチは人の軸で動くことがめちゃくちゃ多いと思うんですけど、対お客様に対しても「あの人のために」っていう姿勢が大事かなと思っています。

―― 今後はどんなことを目指していますか?

北橋:今はまだ、プロダクトを売るので精一杯なんですけど、今後は営業部発の新規事業を立ち上げたいですね。これまでってプロダクト側から事業がつくられていたんですけど、本来、一番お客様と接しているのが営業だから、そこで得た情報ってたくさんのヒントがあるはずなんです。自分自身も立ち上げられたらいいと思いますし、事業を立ち上げられるメンバーを輩出していきたいと思っています。

「誰かのために本気になれる才能のあるやつ」を求めている

―― どんな人と働きたいですか?

北橋:侍みたいな人ですかね( 笑)。実は映画の『ラストサムライ』がめちゃくちゃ好きで、こんなふうに生きようって思ったっていうのがあります( 笑)。生き方にこだわって転職してきた人じゃなくて、自分の生き様が先にあって、それを誰かと成し遂げるために転職が必要だった、みたいなスタンスの人とは一緒に面白い仕事ができそうです。

―― ラストサムライの台詞を真似てミーティングで使ったりします?

北橋:いや、ラストサムライは・・・( 笑)。でも、いろんな言葉を探すことはありますね。自分の気持ちを一度言葉にしてみて、それに近い言葉をネットで探して、で書き落とすことはあります。

―― 横山さんはいかがですか?

横山:「誰かのために本気になれる才能のあるやつ」を求めているとよく言うんですけど、それは自分じゃなくて誰かのために一生懸命になれる人っていう意味合いです。“お客様のために”、“お客様を通じてその先の消費者のために”、“チームのために”、“上司のために”、“部下のために”・・・・・・って思える人は、相手を思うからこそ独自で一生懸命考えるはずなんです。考えたアイデアを実行するチャンスはいくらでもありますので、全力でチャレンジしたい人、お待ちしています!

この企業の求人を見る