2018.7.10

No Challenge, No Life で様々な事業に取り組むシーエーモバイルの「人」に賭ける想い

株式会社シーエー・モバイル
人事執行役員 膽畑匡志氏 × 人事ディヴィジョン 事業人事グループ 大場有希子氏

シーエー・モバイルの主事業は、「広告・コンテンツ・投資」だが、シーエー・モバイルがこの3つにとどまり続けることはない。シーエー・モバイルは、「モバイル・インターネット領域で『挑戦と革新をし続ける会社』であるために」というメッセージを掲げ、常に新領域開拓を志向する。そのために組織づくりという土台から手を入れ、最大のパフォーマンスを出せるチームを追求する同社。フラットな職場感を会話から体験させてもらいながら、入社したらどんな活躍の場がありそうか、生のお話を伺った。

上司部下でFFS について話してみる!

部下のFFS を見たときに、上司はどう反応するか?大場さんの結果開示場面を見てみましょう!

―― これが大場さんのFFS 結果です!

大場:あー、やっぱり来ましたね。

膽畑:すごい突き抜けている!ちゃんと物事積み上げる形の保全性だね!

大場:突き抜けていますね。

膽畑:地球の裏側まで突き抜けているかも(笑)。

―― お二人の関係性まで踏み込んでみましょうか!膽畑さんは弁別性と受容性でしたね。

膽畑:大場さんの個性だと、安心するまでに時間がかかるのかな。

大場:そうですね…。あまり時間をかけないようにします。スピード優先で頑張ります。

膽畑:いやいや、俺が動いたところを仕組み化して実行してくれるのはすごい助かる~。

大場:実行はしますね、たしかに。

膽畑:安定感抜群。

大場:恐縮でございます(笑)。

膽畑:人事だと信用できる安心感って、すごい大事なんですよね。それは抜群!

事業の成長はいい組織から! 最高の組織を追求中

短期間にお互いを理解して強みを活かし合う関係性。いい仕事はいい組織から!という考え方で、科学的な要素も活用した組織づくりが進行中。お考えを伺ってみました。

―― お二人という最小チームで、「仕事しやすいな」って思う瞬間はどんなときですか?

大場:そうですね…。「俺はこうしていきたいと思っているんだよね」みたいなメッセージを、すごくたくさん言ってくれているのは感じます。そうすると私も「あっ、そうだよな。こうして、やっていかなきゃな」と気が付くこともあるし、そのメッセージを実現するところを一緒に考えることができたりして。ちゃんと意志を伝えてくれるのはやりやすいですね。

膽畑:大場さんにはエンターテイメント事業部に寄り添って考える人事の役割を託したんですけど。事業の成長はいい組織づくりからだと思うんですよね。それがなかなか寄り添いきれてなかったので、大場さんに専任になってもらったんです。やっぱり大場さんだからこそ寄り添い抜群の安定感!社員からしても相談しやすいんです。個性を存分にいかしてもらってます(笑)。あと僕自身にとっても、気が付いたら僕が話したことを資料にまとめてくれたり、フレーム化してくれたり、カタチにする力が高くて助かってます!

―― 事業部に寄り添う人事がいるんですね

膽畑:エンターテイメント事業部っていうのは、芸能関係のモバイルサイトとかをやっている部門ですが、やっぱり特殊な面を持つんです。型にはまりきるものはなくて、一つひとつの事象に向き合っていくことが多い仕事なんですけど、その第一線の頑張りを支える人事を備えてます!

大場さんの特徴って、良い意味で、急がないんです。スピードって、大事ですけと、やっぱり急かされてはいけないと思うんですね。大場さんは絶対に急かされない(笑) ! 緊急事態でもトーンが柔らかいので、場があまり焦らないんです。上から生卵落としても、衝撃吸収して割れません(笑) みたいな。クッション材的な人事が寄り添ってます(笑)。

大場:エンターテイメント事業部を例にとると、日本一のアーティストのサービスを扱っている分だけ、とことんファンの方を熱狂させるようなことをしていかなきゃいけないっていうクオリティやスピード感を求められているんです。そういう中でみんな頑張っているんですけど、「エンターテイメント事業といえばシーエー・モバイル」「○○といえばシーエー・モバイル」って各部門が言われるようになるよう、支える人事をしていこうと思っています!

―― 個々人の個性を活かす組織づくりをされている会社だからこそ、「何をやりたい」よりも「この会社だからこそやりたい」っていう選択もアリですよね?

膽畑:そう。むしろウチの組織特性を見て、「事業には興味なかったけど、この組織のパーソナリティ見たら、自分のパーソナリティと相性がよさそう!」と思って志望してくれるのも歓迎です。相性っていう観点でウチを発見してくれたとしたら、そこにご縁があるんですよ!
僕らが一番やりたいのは、人事で業績を上げるということなんです。だから、人を支援して、組織を支援して、事業をドライブさせる。ただ採用して事業部に人を配属して終わり、ではないんです。もし何か事業の障害になっていることがあれば、そこを人事の面から変えていくこともあるし、生産性をあげるための手伝いもするし。もちろん個々人の個性も最大限活かしたいと思っていて、科学的に分析して最適組織をつくっていこうとしています。

―― 今目指しているのはどんな組織ですか?

膽畑:多様性ある組織であり続けたいと思ってます。ただ、ウチの会社の共通言語をもっと増やして、みんなその言葉で話せるようにしたい。ビジョンとかバリューもそうなんだけど、もっと日常的な言葉も増やすと、多様かつ共通軸を持つ集団になれるんじゃないかな。

「No Challenge, No Life」を伝えたい!

事業領域とか社内の雰囲気とか、その辺はどうなのでしょう? 具体的に伺ってみました。

―― 事業体自体が多様ですよね?

膽畑:そう。一つの事業じゃないんです。占いサイトがあって、芸能人のファンサイトがあって、エンタメ関係があって、広告があって……という。複数の事業体を持っている会社だからこそ、一体感を生んだときのパワーとか、面白そうだなと思ってるんですよ。

―― まだまだ新しい領域へのチャレンジもあるんですね?

膽畑:はい。常に拡大中です。「マーケットをざわつかせたい」って社長はよく言ってますね。いくら儲かるサービスでも、マーケットに何のインパクトももたらさないと面白くないじゃないですか。単純に、利益を出す・出さないという観点だけじゃない、なにかもうちょっと、世の中から選ばれるとか、世の中から注目を集めるみたいなことをやろうっていう感覚は共通してますね。それがチャレンジを決めるポイントかな。

―― 社員は皆さんどんな感じですか?

膽畑:とりあえずみんな、いい人ですよ(笑) ! モラルが高いし。
当たり前なんですけど挨拶はハキハキするし、コスト意識もしっかりしてるし。

大場:採用では、人を見るっていうところにこだわっていますね。「この人と働きたい」って思えるか。第五感、六感、七感くらいの直感も働かせています(笑)。

膽畑:今年の新卒の人とさっきランチしてきたんだけど、彼ら自身も入社を決めた動機は「人で決めた」って言っていましたね。「この会社の人たちと一緒に働きたいと思った」って。

大場:そういう人がまた次の人を呼び寄せてくれてますね。各事業部の人が採用担当を担ってくれていますからね。

膽畑:スキルは後から伸びる機会があるって僕らは思ってます。ただウチのカルチャーに合うかっていうのは、お互いハッピーの根源にあると思うので。そこは見極めて採用したいですね。
ただ強調したいのは、カルチャーに合う・合わないっていうだけじゃなくて、今後のカルチャーを一緒につくっていく人でもあるってことです。これから入ってくる人は。だからこの会社の1年後、2年後、5年後、10年後を一緒につくっていきたいっていう気概の人を求めています! 事業もどんどん新しくつくっていくので、チャレンジしたい人はいくらでもチャンスがあるし。組織文化も、制度も、どんどん新しくつくっていくので、一緒につくっていける人、つくっていきたい人はぜひウチに来てほしいです。

―― シーエー・モバイルで働くのは実際どんな魅力がありますか?

大場:私自身が感じているのは、すごく自己実現がしやすい場だなってことです。「自分がこうしたい」っていう思いを発信したら、全力で応援してくれる風土や制度があるんです。応援する仲間が本当に多いので、何かをやりたいと思ったときに、それを奨励するし、協力してくれる仲間も多いんです。必ずその思いはかなえられるって期待できる会社だと思います。

膽畑:「No Challenge, No Life」をいつも伝えているんですけど、それが我々のメッセージのポイントかな。全然、出来上がった会社じゃないので、新しいことをチャレンジして、一緒に会社をつくっていくチャンスがあります。人も、お金も、制度もある程度揃っているので、事業をゼロからつくるチャレンジもあれば、既存サービスを大きくする仕掛けを一緒に考えるチャレンジもあるし、いろんなカタチで貢献できる機会があります!

この企業の求人を見る