2018.09.21開催

[Vol.3]これからの人事に求められる適材適所採用

9/21に人事担当者向けにセミナー「これからの人事に求められる適材適所採用」を開催した。ゲストに森本千賀子さん、寺口浩大さんをお招きし、採用から人材活用まで幅広いテーマでトークセッションとFFS理論の紹介セッションを実施。トークセッションで話されたトピックの続きをご紹介する。

場所: 東京都渋谷区
森本 千賀子さん
株式会社morich 代表取締役社長
寺口 浩大さん
株式会社ワンキャリア 経営企画室
堀尾 司
AllPersonal事務局:司会
セミナー内容
  • 第1部 対談:適材適所採用の極意について
  • 第2部 FFS理論の解説と活用例

経営と人事をいかにつなげていくか

今回のセミナーの参加者には事前にFFS診断※を受けてもらい、会場でレポートを返しながらFFS理論の解説もおこなった。データを活用した人事について、ゲストのお二人はどのように捉えているのだろうか。

寺口さんは「ビジネスにはアートとサイエンスと両方がありますが、これまでHR領域はアート側によりすぎてきたのではないでしょうか」と問題提起し、財務と重ねあわて次のように語った。「マーケティングもファイナンスもデータドリブンになってきた中で、HRはそこに出遅れていますよね。モチベーションやエンゲージメントを足し合わせたり相互作用を計算したりしたら、個人のBS・PLができると思うんです。そうすると数年後の予測もできることになる。でもあくまでデータがあればという話なんですね。この人がいるからどれだけビジネスに貢献しているかというのを示せて初めて、採用への投資も主張できるはずなので、そういう点でもデータ活用は注目しています。個人に向き合うことと経営に寄り添うことは二律背反で語られがちですが、その点がそもそもおかしくて、本来科学されるべき点がまだまだ遅れているのが現状ではないかと思っています。」とのこと。

その話を聞いて思い出したという森本さんは、「どの社長も、BS・PLを見て人に対しての投資を考える。今の組織で完全だという社長は誰一人としていない。なので、社長にアプローチしないと駄目だというのは、リクルート創業者の江副さんに教えてもらいましたね」というエピソードを披露してくれたうえで「最近人事を担う人材として求められるのは、人事×経営、人事×事業という視点を持っている方なんです。まさに採用は投資なので、それを語れるかどうかが重要視されてきています」と指摘した。

人の可能性を探り、適材適所をつくっていく人事に

参加者からの「適材適所っていうところに大なり小なり悩まれて課題を持っている会社は多いと思うんですけど、明日からすぐに会社の中で適材適所をしていくために、まずこんなことをしたらいいんじゃないかというきっかけの一歩をお話しいただけないでしょうか」というリクエストに伴い、お二人から最後に次のようなコメントを頂いた。

寺口:「データ分析をするにしてもファーストステップはデータ取得となるので、そこに着手してみるのがよいんじゃないでしょうか。人間関係で駄目になってる人が多いとか、ジョブとのアサイメントが全然分からなくて困ってるとか、課題がいろいろとあると思うんです。FFSをはじめとしてツールはいろいろあるので、自社にあったものを見つけていくというのが、まずはじめの段階でやってみるといいんじゃないかと思っています。」

森本:「世の中いろんなソリューションがあるのを、私もリクルートを離れて分かりました。まずはどんなものがあるのかっていうのを好奇心と興味を持って調べるなり、担当者の方を呼んで聞いてみるなりしていただくのがいいかなと思う点が一つ目ですね。一方で、そうはいっても人の可能性って計り知れないものがあり、よく言われる『非連続キャリア』っていうのをすごく私は信じてます。エグゼクティブやプロフェッショナルの方々を支援することも多かったのですが、そういう方々は非連続のキャリアを自ら主体的に取りにいってる人たちだなと気づかされたんです。だからその人の可能性ってどんなところにあるのか、どういう選択肢を持つとさらなるキャリア開発やバリューアップが起こるのかというのを、想像力と妄想力をかき立てながら選択肢を一緒につくってあげていきたいと思っています。あえて修羅場、異質キャリアを経験させることも成長の大きなきっかけになります。本当に組織にとっての人材って何なのかっていうことを議論していっていただきたいなと思っています。」

適材適所も含め、データを活用した人事の可能性への関心が高いことが、参加者アンケートからもうかがえた。FFSについては個別セミナーも予定しており、現場課題に資する活用方法を深めていく予定だ。